治療院日記

新着記事
2020年02月21日(金)   閉店ラッシュ!!

当店下のオダクリーニング店さんがついに閉店しました。
去年から営業していなかったようです。
40年以上続いたと思います。ついに当建物で私が一番の古株になってしまいました。
去年は和菓子屋の清月さんが閉店しました。
他の古株はすでに閉店しています。

そういえば世代交代をしていますが、ヒロ歯科さんは私より長いですね。
ヒロ先生はいいですね。
いつもお世話になっております。
お勧めの歯医者さんです。

そういえば去年だったかな?
近所の本屋さんが閉店してスギ薬局になりました。
本屋さんが無くなったのはとても残念です。

この20年でガラリと変わりました。
次は・・・ですね。

ローゼン横のジーンズメイト。
ジーンズメイトは頻繁に閉店の幕が掛っていますが、あそこはしぶといんですよ。
ジーンズメイトは完全閉店、今回の改装閉店など、頻繁に閉店と掲げられても何故か続くんですよね。
写真左は当店下のガランとした様子。
右はジーンズメイトです。

個人店がやっていくのは難しい時代なのかもしれません。
モールや駅ビルなら大丈夫だと思いますが、商店街は厳しいですね。

2020年02月03日(月)   三世相大鑑

江戸、大正、昭和の初期くらいまで、各家庭に一冊はあったかもしれない本があります。
「三世相大鑑」という家庭用の占い大辞典で、私は江戸、大正の古書を持っています。
昔はお婆ちゃんが行事の度、旅の時に方角の吉凶、日の吉凶などを調べていました。
写真は、大正期の三世相の1ページですが、旧仮名と旧字体の漢字なので読みにくいです。
江戸期よりはマシなんですが読みづらい。

右1行は、
「他国への売買に行く方角吉凶の占い。」
と書いてありますが読みにくいですよね。

2行名は、
「たとえば、今年の何れの方へ・・・・」
の「方」の読み仮名は「かた」ですが、その変体仮名はわかりにくいです。

でも、大正までは、まだマシです。
江戸期は変体カナだらけ。
ひらがなが統一されていないので読むのはかなりきついです。

1900年(明治33)の小学校令施行規則により、ひらがなは一音一字に統一されたため、変体仮名は消えました。
それでも日本語はひらがな、カタカナ、漢字と文字が多い。
昔は漢字も旧字体、読み下し文、漢文と大変でした。

日本は文字に関しては難易度が高いですよね。
賢くなったのは、文字の複雑さが原因なのかもしれません。

春になると、私は易経の翻訳を始めるのですが、
半年以上、漢文から離れると忘れてしまいます。
久しぶりに易の原文を見た瞬間に、もうやめよう!と思ってしまいます。
早く翻訳本を完成させたいのですが、いつになる事やら。

2020年01月31日(金)   体力低下。

年々、体力低下を感じます。
遠くない将来、治療院を閉店するでしょう。
新しい鍼灸師もかなり増えてきました。
そろそろ中高年が退く時期、世代交代を感じます。
希望としては、後3年、できれば5年、運が良ければ10年やれたらいいな!とは思います。
もともと体力がないので、地味に続けたいと思っています。
何もしないのも辛い。
生きがいが欲しいですしね。

写真は100円札、B券。
表、板垣退助、裏は国会議事堂。
昭和49年まで発行され、一応、今でも使えます。
最近の人はこんなの見た事もないですよね?

岩倉具視の500円札や伊藤博文の1000円札はすごく記憶に残っているのですが、100円紙幣は実は私も小さい頃に見た記憶がかすかにある程度。
紙幣の変化を見ても、私が年を取っているのが分かります。

昭和、平成、令和。
次の世代は頑張って欲しい。
そう思います。

2019年12月09日(月)   平滑筋

就活、婚活、妊活・・・と、○活という言葉をよく聞きます。
そして、店にも当然、開業準備、閉店作業が必要になります。
会社なら退職で引き継ぎがありますね。
店は、もっと大変で閉店作業は費用と時間がかかります。
また、お客様の事も考えておかなければなりません。
来るべき閉店に向けての準備、それを私は

閉活

と言っています(笑)
その閉活は年数をかけると楽です。
私も徐々に閉活をスタートしています。
年齢と体力を考えると、今から用意をしなくてはなりません。
これから10年は、閉活の準備作業をしつつ、できるだけゆっくり縮小するのがベストです。
開店と比べるとつまらない話ですが、とても大事です。
いずれ世代交代となります。
※世代交代を心配するほど、私は活躍してきませんでしたが・・・一応。

寒い冬に、寒い話になりますが、細々とでも店を維持するのはとても大変なのです。
できるだけ頑張りますが、

「何か最近、あそこの店はダメだ」と感じるかもしれません。
私も心苦しいのですが、それも時の流れなのでしょう。

P.S 早急に閉店する訳ではありません。できる限り頑張ります。
ただ、高度な技術が要求される施術はお断りさせていただくかもしれません。

2019年11月16日(土)   経営破綻!!

詰み・・・完全にミス・・・店の経営は失敗でした。
と感じる今日この頃です。
体力的にもそうなのですが、予約の取り方、治療時間、料金、治療内容・・・いろいろ経営に必要な事は多いのですが、とにかくうまくいかない。
まあ、一番は私の体力のなさ、だらけた性格なのだと思います。
クモ膜下出血や首、頭の骨折の後遺症など、体力に関してはどうにもならないのですが、体力配分で控えめに予約をとり、休みやすみ経営しているのですが、それにしても時間配分などが悪い。
うまくいきません。
サービスが上手にできていません。
申し訳ございません。
一度、閉店して四国巡礼でもしようかと考えてしまいます。
まあ、帰還後はさらに力が抜けて、週2,3回、半日程度のバイトでもしながら、余生をだらだら過ごすかもしれませんが。
とにかく店主として、私はとてもダメなのが分かります。
まあ、しょうがないです。
性格ですから。
愚痴ってすみませんでした。
地味に頑張ります!

- WebCalen -